アロマセラピー(アロマテラピー)とは

アロマセラピーはイギリス読み、アロマテラピーはフランス読みでどちらも芳香療法という意味です。


フランスでのアロマテラピー
フランスでは主に医療分野としてのアロマテラピーが盛んです。以前は保険適用でしたが、現在は保険適用ではありません。
また、フランスではアロマを学ぶスクールがないそうで、医者を目指す人が医学部で学ぶのだそうです。
医療分野でアロマテラピーが使われるのも納得ですね。

イギリスのアロマセラピー
イギリス式は美容やリラクゼーション目的に使われるアロマセラピーが多いようです。
日本に最初に入ってきたのはイギリス式アロマセラピーだったため、多くのスクールではイギリス式アロマセラピーを取り入れているようです。

■アロマについての質問をアップしました。新しい質問項目には「new」マークが入っています■

アロマセラピーではどのような効果が期待できるのでしょうか?

美容、健康維持、病気の予防、更年期障害、精神の安定など様々な効果が期待できます。
アロマセラピーに不可欠な「精油」の中には多くの
化学成分が含まれています。
化学成分の内容は、各精油会社やその精油が取れた年の気候などにより異なってきます。
効果がなかった…と感じたら、他の精油を試すとともに、精油のメーカーを変えてみるのもおすすめです。

化学成分と聞くと、身体に悪そうなイメージがありますが?

確かに、そうかもしれませんね。
しかし植物から採った化学成分は天然のものであり数百種類もの成分を含んでいます。
私たちが病院でもらうお薬も化学成分ですが、こちらは必要な成分だけを人工的に作ったものや成分の一部分を分離・精製したもので不自然なものがほとんどです。人工的な香料も同じです。
精油に含まれる成分は全てを含んでいてそのバランスによって副作用の発現を抑制しているのではないかとも言われています。
人間の体内でも植物と同じように代謝が行われ、わかりやすい例えですと酸素を吸って二酸化炭素をつくり出しています。
酸素も二酸化炭素も化学成分ですから必ずしも「化学成分=悪いもの」ということにはならないとおわかりいただけるかと思います。

使い方は??

使い方は多々あります。
方法としては、芳香やトリートメント、アロマバス、塗布、湿布、手作りコスメなどに使うことで
体内に精油を取り入れることができます。
それぞれ、目的にあった使い方で体内に取り入れてあげると効果が高まるでしょう。

精油っていろいろあるけど、何を選べばいいの?

おすすめは、信頼できるメーカーからの購入です。
100円ショップなどにあるような「アロマオイル」は精油ではありません。
レッスンを学ぶ時に詳しく話しますが植物からとったエッセンシャルオイル100%のものを使ってください。
メーカーによって精油の抽出条件などにより、質の違いもありますが金額をみてあまりに安いものは注意しましょう。

どんな香りを使えばいいの?

目的に合わせて香りを選びます。
精油によって香りも、作用も違いますがご自分で香りをかいでみましょう。
そのときに「いい匂い」と感じた香りはあなたにあっている香りだと判断してください。
また、そのときに「苦手な香り」と思ったものも体調や気分によって「良い香り」に変わることもあります。
不思議な香りの世界を楽しんでみてください。

注意することは?

精油には「禁忌」があります。
 特に、妊産婦さんや高血圧の方、お年寄り、お子さんなどに用いる場合は気をつけましょう。

当スクールではお子さんに対するアロマセラピーも学ぶことができます。
いざという時、ママができることはたくさんありますからぜひ、お子さんのためにもママのためにも
アロマセラピーの知識を身につけて実践してあげてください。